2017年8月27日(日) 第661回突撃
グランドシップ

過去の結果報告はこちら



8月も間もなく終わります。
続ける事の重要性を知ったTOYです。



現在HAZUSEの連れ打ち会場で、1番突撃している豊洲グランドシップ。
最初はこのホールの事が分からず、あたふたしていた記憶があります。
収支も負債が増える展開が続き、苦手意識もありました。

しかしこうして突撃回数が増えてくると、
このホールの考え、お客さんの動き、自身の予想と、
様々な思考の元、立ち回れる様になるのは嬉しいなと感じました。

そんなグランドシップの常連となりつつあるTOYが、今回連れ打ちを担当しました。

朝の抽選参加人数は125人。
私の抽選番号は112番。後ろに10人しかいません。

どこに行くかなと思案している中で、
聞こえてくる常連のお客さん達の話をまとめると、
最近手厚いと感じる番長3と、アクロス島で台数のあるハナビを
狙っているお客さんが多いのかなと感じました。

いざ入場開始の時間になると、一般入場待機列のお客さんが増える、増える。
私が入場するタイミングでは一般入場待機列にも50名以上並ばれている様子でした。

「コレは1台目を外すとヤバいな。」

という思いを抱えて入店。

多台数機種は軒並み満台。
アクロス系も台数のある機種は満台。
手詰まり感を感じましたが、
新台のイノキロードトゥゴッドに1台空き台を見つけ、すかさず着席。

この機種はグランドシップに4台導入しているのですが、
打ち始めると全台液晶背景がズレている。

まだ新台で解析が出ていない部分もありますが、
私の経験則で言うと、コレは据え置きなのではいう疑念が。

そうこうしていると、お隣の前日750ハマっているイノキが、天井らしき所でART当選。
自身の台でもリセット確認をと思い突っ張りましたが、
やはり据え置き天井らしき所で当選。

何とかこの台の負債は回収しましたが、
この時周りの台を見回すと、ほとんど空き台が無い状況に。

パチンコに逃げようにもこの昼の時間帯は、稼働がグッと増えメイン所はほぼ満台。

そんな手詰まりな状態でも比較的空き台が出やすいのが、
店内で一番台数のある沖ドキ。

空き台となる台全てが触れない程悪い履歴かと言われるととそうではなく、
一塊取って止めという台も出てくるので、まあまあ触れる台も出てきます。

そんな中で私が触った台は、お昼の時間帯に3回天国へ飛ばしている台。
スルー回数も最高2回と上々。
また履歴から見る初当たりも軽いという事で、すかさず着席。

するとサクッと初当たりを射止め、そのボーナス中にスイカから1G連当選。
ココでは飛ばず、次の初当たりは持玉崩壊して追加投資が始まった345ゲーム。
この当たりから天国を射止め、そのボーナス消化中に確定役からドキドキランプ点灯。

ノリノリで消化するも、
結果はわずか5連でドキドキ終了という何とも消化不良な展開。

そうして出来た出玉で次の初当たりを目指すも、
あっという間に400ハマります。
振り返るとここまでの共通ベルの落ちは今一つ。

続行か悩みましたが、
ココは沖ドキの闇に触れそうな感じがして怖かったので、撤退しました。

そこからは様々な台を乱れ打ち。
順当にこの日は負けました。

ここでこの日のホール状況を細かく見てみると、
とにかく目立っていたのは、
ミリオンゴッド-神々の凱旋-です。
打ち手も優秀だったとは思いますが、まあ尖った出玉が多かったです。

また
アナザーゴッドハーデス-奪われたZEUSver.-からも
ゴッドらしい出玉を何ヶ所も確認出来ました。

次点では
モンスターハンター月下雷鳴です。
ここはヒキもあるとは思いますが、
6台中5台が箱持ちの展開もあったので、かなり見栄えが良かったです。
そしてその隣の
サラリーマン番長も1つ飛ばしで、2箱以上持っています。

そして朝狙われてる方が多かった
番長3
ココも尖った出玉は何台か見えましたが、
ゴッドの出玉インパクトには及ばずといった感じでした。

そして一番台数のある
沖ドキは、
以前は奇数寄りの台が多いと思っていましたが
今回は偶数挙動の台が多いのではと感じました。

そして元気の無かった機種でいうと
この日はアクロス島やまどマギ初代なんかは、元気が無い様に感じました。

今回学んだのは、
グランドシップでは連れ打ちの日は、
全リセのイメージが強かったですが
据え置きの日もあるという事。

また据え置き台にチャンスがあるのかというと、
現段階ではそういった挙動は確認出来なかった事。

こうして記載してみると、以前のイメージと変わった箇所がいくつもありました。

日を追う毎にホール状況は刻一刻と変わっていくので、
連れ打ちを通して、今後もこの細かな変化を見守っていきたいと思います。


次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.