2017年6月24日(土) 第635回突撃
グランドシップ

過去の結果報告はこちら



ちょっとだけ久しぶりの豊洲に、意気揚々とやってきた原人ピクルの連れ打ちレポでございやす。


海はいいねえ…久しぶりに海を見るとなぜかそう思います。
実際は近くに住んでたりすると、ジメジメしたり潮風がベタついたりでちょっと…って方も多いのかもですけどね。

おっと、湿っぽいこと言ってる場合じゃねえ。
やる気満々で1番に並んで抽選を受けて出てきた番号はなんと「81番」。
…僕の後ろは5人位で、そこから先は一般入場の方々でした。

安定の抽選運で打ちたかった番長3は無理かなーと思ってましたが、入ってみるとわりと空いているご様子。
どうやら一番人気の絆がサッと埋まった感じですが、他は結構バラけていたようです。
なんならパチンコの新台「ひぐらしのなく頃に叫」に行った人もいたようで、その辺はなかなかグラシっぽい感じですね。


か細い運に助けられて選んだ番長3。
挙動はどうだったかというと……。

ベルカウントが2回連続で50回を越える地獄のような挙動により、あわや天井と行きかけてからの当たり…からの単発。
対決連と思われる所で発展することはなく、常に30回を越え続けるベルカウントのお陰で、約1時間で諭吉さん2人が死亡寸前。


まるでGOD打ってるみたいな吸い込みを見て「これならGODでも良いのでは…?」と謎の理論が思考を支配します。
そんなわけでいつの間にか当日初当たりなしの凱旋へ移動。


前回の連れ打ちで味をしめた部分が大きく、ちょっとハマったくらいでは動じません。
動じない僕に影響を受けたのか、凱旋のモードもピクリとも動じないままリセット天井へ到達。

Vが揃ったわけでもないし、本当に天井なのか不安でしょうがありませんでしたが、3セット出てきてくれたのでおそらく天井だったのでしょう。
凱旋の天井ってやっぱりこの夢を持てる感じが良いですよね。
ハーデスもそうだけど、天井とかちょくちょく行くのに天井行っただけで数千枚とか全然ありえることですし。

……
まあ今回は1000枚も出てないんだけどね。
投資は40kちょいだし、焼け石に水やで。


途方にくれてウロウロしていると、2台並びで置いてあるツインエンジェルBRAKEが空いていました。
ちょくちょく挙動を確認したり、隣で打ってた方に話を聞いてたところかなりの良挙動、でもなかなか出玉につながってないって感じに見えた台。

すかさず座って打ち始めると、これまで何度か打ってたものとはまるで別物。
ボーナスがほとんどARTにつながるし、設定差のあるボーナスも来るわ来るわで合算は130分の1を切るくらいまで伸びてくる。


行ける!と感じて凱旋で出た玉をツッコミ続けて約1.5時間。
9回ほど入ったARTの内、7回を単発で終わらせ、持ってたメダルは壊滅しておりました。

どーみても下ではないと思うんだけど、いかんせん打ってる奴が弱い。
バトルの相手もそこそこマシな感じだったのにどうにも出来ませんでした。


ただ、ここで諦めるという選択肢はありません。
この時点で18時ちょい前、
まだ時間はあるッッッ!


ということで、一発逆転を求めて座ったのはパチンコCRコブラ~追憶のシンフォニア~。
確変確率は50%ですが、電チューでの当りは通常でも確変でも16R2200発という荒波機種でございます。

こやつ、なかなか煽ってくる機種ではあるんですが、演出頻度をレディモードにすると、なんでもいいので保留変化が来ただけでひりつくハードボイルドな台に早変わり。
投資4kからのタイマー保留出現でヘソでは5%の16R確変を仕留め、サイコガンを6発ぶっ放してのギリギリの逆転劇を演出いたしました。

サイコガンは心で撃つもの…諦めない心が功を奏したってことですね!


さてここで店内状況をば。
端的に言ってしまえば今回の当たりはサラリーマン番長だったご様子。
2つに別れたサラ番島の内、パチンコに近い側が4台並んで数箱持ちつつ終日遊技というご様子で、非常に楽しそうな光景でした。

ただ今回は少数台の機種やバラエティに色々散りばめられていたご様子で、壁側の機種の稼働が普段より高めだった印象です。
僕が途中で打ってたツインBもおそらく上でしょうし、ギルティクラウンからは7000枚オーバー、カイジ3からは6000枚オーバーの別積みも確認!

人気の高い絆のほうは今回はイマイチだったようですが、その分グラシ名物の沖ドキは出玉感満載でした。
いつもながらこの光景はグラシならではといったところでしょうね。


さて、今回はどうにかこうにか勝利を収めたわけですが、実は次回の突撃もワイなのです!

傾向は読めた!あとは抽選でいいとこ引いて、狙い台に座って出すだけや!
そういうわけで次回もよろしくお願いします!


次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.