2017年5月6日(土) 第619回突撃
ムック

過去の結果報告はこちら



至福の連休GWも終盤に差し掛かった5月6日。
初夏と勘違いするほどの陽気の中、久しぶりにたまプラーザへ足を運んだピクルです。



前回、たまプラーザはムックへ足を運んだのはおよそ半年前。
昨年、連れ打ち稼働においてエンペラータイムを満喫していたワタクシは、このムックにおいても難なく勝利を納めた記憶があります。

たが、その記憶も遠い過去のもの。
2017年、現時点での実践結果は芳しくなく、勝利のビッグウェーブに乗っかったまま突撃した去年とは、勢いがぜんぜん違うわけです。

いかにお宝を掴もうとも、打ち手の引きが腐りきっていれば悲惨な結果に終わる可能性もある。
ここ最近の実戦でそれを痛感している身としては、ヒキのビッグウェーブを無理やり手繰り寄せるつもりで突撃してまいりました。


さて、朝の抽選は約50人の並びの中46番。
46…ってほとんど最後やんけ!!


そんなメチャクチャな並びでもないのに、ほとんど最後尾(抜け番もあったけど)を引くとはね…。
ほんとに良番だったら、普段は絶対に打たないような絆なんか打っちゃおうと考えてた自分が恥ずかしい。

入店してみると案の定、普段看板的な扱いのバジ絆は満席。
更にその横の目立つ位置にあるジャグラーコーナーも埋まっており、いざという時の保険くらいに考えていたノーマルバラエティのあたりもほぼ空き台なし。


ジャグラーは苦手なのであまり打つつもりはありませんでしたが、我先にと座っていく方たちを見るに、以前とはジャグの期待感は別物と考えても良さそう。
とはいえ、どっちにしろジャグに空き台はないため僕自身の十八番であるガルパンに着席しました。


周りの様子を見つつと言うつもりで座ったガルパンでしたが、まず投資1kでサバイバルウォー突入。
最近アンチョビに何度も裏切られているため、安定を求めたみほ選択でATゲット。

このATは2セットで終わりましたが、初回から設定差のデカイ部分がでてきてテンションが上ったところで
ロングフリーズ発生!
リールロック3段階でのフリーズは自身3度目ですが、なんど引いても飛び上がりそうになります。

フリーズ恩恵の特化ゾーンで4つのストックを獲得し、最高継続率のATへ突入。
この時点で、まだ開店から30分も立っておらず「完全にもらったな」とドヤ顔を晒している僕がいました。



1時間半後…。
ガルパンのときの勢いはどこへやら、と言った感じでバラエティのサクラ大戦3に諭吉を突っ込む陰気な眼鏡が一人。
そう、僕です。


最高継続率とか謳っておきながら、聖グロリアーナにも勝てないヘッポコ野郎だったようで、CZもガンガン飛んでくる高設定アピール台なのに半ばで断念。
見たことないくらい飛んでくるCZを、風に舞うように全てかわし続けるのは辛くて堪りませんでした(´д`)


そして特に根拠もなく座ったサクラ大戦で追加投資開始!!
ま、なかなか吸い込む台ではあるので仕方ないトコですが、ボーナスは一体どこへ…?

勢いを失ったまま、打ち続けていましたがいつの間にやら高確を仕留めてART突入!
その後もボーナスのヒキには恵まれないものの、ARTを伸ばし続けいつの間にやらプラス域へ転向。


…なんなんだろう。
気がいついたら出てたみたいな雰囲気で、素直に喜べないような…。

とは言えある程度の持ち玉が出来たので、もうちょっと冒険心を出して次はモンハン月下へ特攻。
この冒険心が功を奏したのか、天井へ追い込まれるものの熟練ハンターの冴えを見せて更に出玉を伸ばす。


朝方、マウスフリーズを500枚くらいで終わらせちゃって凹んでたけど…もしかして今日って引ける日なのか? モンハンの7揃い(赤い方)も引いたし、中途半端に思えるが意外とイケてる日だったのでは!?

良いヒキと悪いヒキがごちゃまぜになったようなカオスな1日でしたがどうにかプラスで実戦を終える事ができました。


ホールの様子を伺えば、目星をつけていたとおり一番の盛り上がりはバジ絆。
3台並んで4箱ほど持っていたかと思えば、いつの間にか角台だけ別積み6箱を越える大量出玉へ。

また、朝から人気の高かったジャグラーにも気にかかるような履歴があり、数人が終日粘っているご様子。
バラエティのサザンアイズは設定Cだったようで、人は変わったりしていましたが、なかなか空き台にはならず。
また、自分の打ってたサクラ大戦の隣の攻殻機動隊も良挙動で、2人で4箱+7箱ほどお持ち帰りしていたようです。

久しぶりに訪れたせいか、以前のホールの雰囲気とは色々と変わっており、それに伴い狙い所も変わって来てるようです。
次に訪れるときは、盤石の立ち回りで、安定感って言葉が似合う男になってみせますよ!

参加された皆さん、お疲れ様でした!


次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.