2017年4月14日(金) 第609回突撃
コーシン神田店

過去の結果報告はこちら



神田コーシン。
2度目の連れ打ち担当という事で、コーシン攻略に燃えているTOYです。



私、大のコーシンフリークでございまして、
暇があるとコーシンの出玉情報をP"s cube(http://www.pscube.jp/h/a711301/)
を使ってスマートフォンから確認しています。
ここ最近の流れは、番長3導入に合わせた
前作、前々作の番長シリーズの好調な出玉データ。
またそれに併せて見えるシェイクを含めたチーム大都が怪しいという事。

個人的にサラ番は苦手なので、
抽選番号が早ければ番長3、遅ければ番長2見てからのシェイク2or3。

うん、流れは完璧!

抽選はランクアップもあり、5番。
狙い台のどれかにはいけるだろうと思い、いざ入店。
番長3を無事確保。

いざ打ち始めると、島で1番に頂ジャーニーをゲット。
リセットの恩恵なのかストックが一つ出てくる。
うむ、悪くない。
その後は・・
ヒキも良く軽い初当たりとストック獲得もうまいこと重なり1200枚程ゲット。

しかしそこからの展開が厳しかったです。
ループする通常A。
そこを打開するレア役から対決演出にポンポン入るものの、肝心のベル書き換えは出来ず。
みるみるコインが減っていきます。

島の様子を見ると、4台ある内左2台が通常時から番長ボーナスに当選する。
ココはまだ設定差なのか、奇偶判別にあたるか不明ですが明らかに挙動が違っていました。
私の台もそこまで悪い要素はないですが、通常Aのループで心が折れ、台移動。

そこからは遊牧民かと見間違うような、放浪の旅をしました。
そんな中で目についたのは、
ハナビの塊感。
そして
ゲッターマウスで都市伝説だと思っていた葉月ボイスが出たという情報でした。

そうこうしていると時刻は夕方。
また番長3に戻ってみると、1000ゲームで捨てられた番長3を発見。
ココからは
期待値の鬼となって、いざ実戦。
対決演出書き換えから、サクッと頂ジャーニーをゲット。
ストックをポンポン獲得していると、流れましたよ、
エンブレム 操ver
残りストック示唆でしょうが、いや~嬉しいモノですね。

が、そこで特定セットでボーナス射止められないと終わるのが宿命。
残りストックを綺麗に消化、1100枚流して実戦終了しました。


以下当日ブログから抜粋
-------------------------------------------------------------------

ココでデータの振り返り。まずは早くから異変に気付いたハナビ。

ハナビBH(全6台)
稼働平均21592
出率平均105.6%
平均差玉-1209


見た目のインパクトはありましたが、意外と差枚は出てないですね。
1台激凹みした台があったので、慣らしてみたらこんな感じなんですね。

次!
私が愛しているサンダーVリボルト。

サンダーVリボルト(全4台)
稼働平均13775
出率平均106.7%
平均差玉-923


ココは正直、朝から機種の角同士が調子良く伸びていき、
後半右角が爆裂したという感じでした。
こういう展開になると中台を攻めるのは勇気がいるので、難しい所です。

-------------------------------------------------------------------


尖った出玉としては朝から走った攻殻機動隊2。
台としては辛いイメージがあるんですが、走りきる様は見事でした。

そして並びで出玉が見えた
クラセレ、まどマギ2、コードギアスR2の3台並び。
まどマギ2は一山作って止めた台を、周りの出玉状況から皆さん吟味するも、
前任者がユニメモをやっていなかった為情報収集出来ず。
信じて座った人が、あっという間に出玉を作る様は見事でした。

そして私が打った
番長3の島はその後、
左側2台が好調に伸びてていきみるみる出玉を作る。
そしてもう少し視点をずらすと、
その左側にある
まどマギ初代の2台も箱を持っていました。
うーん。あったのか、なかったのか・・・。

また後ろの
ハーデスからはヒキもあり、塊での出玉感がありました。
コーシンにしては珍しく、メインコーナーの出玉感に驚きました。

今回学んだのは、コーシンのイメージからするとどうしても
ノーマルやバラエティーを攻めたくなりますが、
AT/ARTの玉付きが良いと、また違うコーシンも見えるのかなと感じました。

最後に私の収支は、店内をのたうち回って+3k。
はあ~、やれない。

P.S
最後の写真は親睦会で行った有頂天酒場にある
いぶりがっこのスモークチーズというメニューなんですが、
非常にお酒にマッチするので、皆さん神田にお越しの際は是非ご賞味下さい。


次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.