2017年3月18日(土) 第599回突撃
ジパング+本丸

過去の結果報告はこちら



先月は遊べはしたもののズルズルと投資がかさんで敗北。
今回こそはガツンとやってやりたいと意気込んだピクルが、ジパ+本丸に突撃して参りました。


ジパングといえば抽選。
これは、ジパを知る人なら常識だとは思いますが、連れ打ちに行くときは常に台数以上の人数となり、否が応にも抽選の壁が高くなります。
そして当日の並びは約400人。


…400人!?

いつもはビルの階段に並んでいたはずが、今回はなぜか屋上まではみ出して隣のビルを眺める状況に。
前日が店休日だったためか、フラストレーションの溜まった人々が集結しちゃったのでしょうか…。

そんな高い壁を乗り越えて掴んだ番号は149番!
すでに※じゃないことで安堵していたわけですが、問題はココからです。

あまり選ぶ余地がない番号の中、僕が選んだのは前回煮え湯を飲まされたLoV。
前回と同じように◯面先生と並んでの実戦開始です。

朝から景気良く落ちるチャンス目。
設定差はないため、大喜びするようなことではないのですが、何も起きないよりはよっぽどマシです。

問題はといえば3種類のチャンス目が交互に落ちてくること。
LoVでは同種のチャンス目を連続して引くことで、CZ当選の期待が高まるため、交互に落ちてくるとあまり意味を成しません。

常に赤印が1、2個の状態のまま1500Gへ到達。
この間、CZは2回で当たりに期待できる中段ベルに至っては1回のみ。
中段ベルは1/900くらいの重い小役<なので、引けないこともありますが、その分何事もなくスルーされると何とも言えない気分になります。

まさにどうにもならない状況のまま、天井へまっしぐらとなり、出てきたのはシヴァ。
覚醒やトランスなどの事故も起きることなく70Gを駆け抜け、手元に残ったのは200枚ほどという絶望的な状況。

その時点で、隣の方のLoVにはマナ揃いが(多分)1回と皇帝揃いが1回降臨していたにも関わらず、僕の台は天井単発という天国と地獄のような状況で、すでに表情が抜け落ちかけてました。
投資を続ける◯面先生には申し訳ないと思いつつ撤退。

まだお昼過ぎでしたが、地下のハーデスは島全体が熱気ムンムンで、1階のリノコーナーも入れ代わり立ち代わり箱を積み上げてる状態。
ノーマル機の辺りはちょっと元気なさげでしたが、他はどこもなかなか空き台がなく、移動先を見つけるのは難しいと感じたためパチンコへ移動。
ユーザーさんに誘われた、009で逆転を目指します。

200回転ほど追いかけて、このままだと当たり無しで実戦終了しそうだったので、甘デジコーナーへ移動。
次に選んだ3×3EYES(甘)は座って2回転で大当りし2連。

状況がよかったためそのまま続行し、140回転ほどで再度STへ突入
今度は4連して若干の持ち玉が出来たため、今度は一騎当千(趣味打ち)へ。

驚くべきことに今度は座って1回転で大当り。
このオスイチのせいで僕の中では『今日は甘デジが正しいのでは?』というオカルティックな考えが鎌首をもたげます。

向こうの席ではマクフロ(初代)や乙女フェスで着々を出玉を伸ばすユーザーさんの姿あり。
やはりか…。


先に結果から申しましょう!
マイナス55kでジエンドです!!

件のオスイチ当りからから出玉をあまり伸ばすことなく実戦終了。
最終的に8kほど取り戻せましたが、60kを超える投資を捲れるはずもなく…。

非常に悔しい話ですがジパ連れ打ちでは2連続となる敗北となってしまいました。


改めて店内状況を観察してみると、全体的に出玉がついていたのは凱旋・ハーデスのゴッド島。
なぜだか全体的にGODが降臨しまくっており、あちこちで爆発!
もちろん粘るお客さんばかりだったので、設定もあったのでしょうが、様子を見に行く度に2台ほどGODステージに居るのは流石に圧巻でした。

そして、今や名物機種となりつつあるリノや、安心と信頼のまどマギ・絆の島も大賑わい。
GOD島以外は全体的に散らされているように感じられましたが、並びに比して高まった店内の熱気がそのまま出玉に繋がったように思えます。

本丸に関しては前回と同じくメリハリな雰囲気でしたが、粘り続けて甘デジで万発オーバーを叩き出すユーザーさんもいたりと、状況の良い部分も多々あり。
ホール内で感じられる意志を是非、自分の目で見て感じ取ることをオススメします!

実に悔しい結果となってしまいましたが、お店の状況に文句などなく、ただただ自分の引きと立ち回りを悔やむばかり。
毎回こんなに負けてはいられないので、次こそリベンジを誓います。

参加された皆さんお疲れ様でした!!


次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.