2017年3月10日(土) 第597回突撃
コーシン神田店

過去の結果報告はこちら



コーシン神田。
以前からある程度通っていて、常連まではいかないものの馴染みのあるお店で、
癖もある程度掴んでいると自負しているTOYが今回の担当です。


キッチリ攻略してやろうと鼻息荒く乗り込んだ連れ打ち当日。
朝の並びは60名前後。以前と比べると少し並びの人数が少ない。
しかしコレも分かっています。
最近のコーシンの取り組みに

「ノーマルだけじゃないコーシン」

というスローガンを発信している事が
並び人数の減少と結びついているのかなと感じています。

昔からコーシンといえば、角のマイジャグやエヴァみたいな定番が熱いというセオリーや
ノーマル以外は期待感が無い!みたいなユーザーの考えがありましたが・・
ココを変えたいのかなとも感じています。

さて当日の私はというと抽選は後ろから数えた方が早い48番。
狙いはモンハン月下か最近ボーナス回数が付いてるサンダーVリボルトです。

入店してサンダーのコーナーに向かうと外角のサンダーには先客が・・。
どうやら彼と一騎打ちになるのかと思っていたら 私の隣にもお客様が!
これは楽しい回になりそうだと思い回し始めたのですが、
とりあえず最初の10000円では何も起きず。小役を見ると中間くらい。

続行か悩みましたが、コーシンの角を攻略してやる!
という気持ちに駆られましてメインコーナーであるハーデスの角台へ。

このハーデスでも特に何も起きず、気付いたら負債が増えていく展開で、
いつもの負けパターンかとという考えに囚われそうになりましたが、そこに天の声が!

ユーザーのつんくんから
通常頂を確認した番長2が空いたとの事で、すかさず着席。

200のゾーンは超えていましたが、打ち始めてスグに小役でボーナス当選。
天国or通常B移行を期待しましたが、移行せず。
お次は200のゾーンでHIT。
ココではRBからBIGへの昇格を確認、またボーナス中薄い共通ベルからの頂きをGET。
ノリノリの展開を期待しながら、次のボーナスを待つも天国はスルー。
上乗せにも恵まれず、200のゾーンをスルー。
400のゾーンまで追いかけましたが、ココもスルー。
設定はありそうだけど、投資が続く展開。
ココでも続行か悩みましたが、隣に処女台のサラリーマン番長が!
リセット状況も良さそうという理由で、横のサラリーマン番長へ移動。
この台ではリセット挙動も確認出来て、200のゾーンでHIT。
強チェリーから頂きGETと良好な展開で、このままいけるか!?と思いましたが、
あっさり駆け抜け。
その後200のゾーンでも当たらず。

続行かまたまた悩みましたが、店内を1周してみようという事で見回っていると・・・
先ほどノーボーナスで移動した左横のサンダーが空いてました。

このサンダー、僕が朝一横目で見ているだけでも小役の落ちがすこぶる良かった台。

最後コイツと心中してやる!という気持ちで着席。

その後ドラマが待っていました。

最初こそ少しボーナスが重たかったですが、その波を超えると、定期的に引けるボーナス。
乱舞するリーチ目。増えていく出玉。
勿論、小役もキッチリついてきてくれました。
いやー楽しい。

その結果、劇的な逆転勝利を収める事が出来ました。


ここで改めて店内状況を細かく観察してみると、
奥のAT/ARTバラエティーは出玉付きが悪く、お客様の引きも早かったように感じました。
ただ全く出てなかったというとそうではなく、
並びでの出玉や朝から粘っているお客様は複数名いらっしゃいました。

ジャグラーコーナーに目を移すと、
マイジャグにボチボチの出玉感と、
強烈に輝く
ファンキージャグラーが目につきました。
またアクロスコーナーに目を移してみると、まずは
HANABI
ココは一台を除いて朝からお客さんが変わっていませんでした。
玉付きが苦しそうな台も見受けられましたが、
何かを感じ取って粘っていたのだと感じました。

列で見ると、自身が打っていた
サンダーも悪くなかったし、
まだまだ眠っている台もあるのでは?という印象でした。

また後ろの
バーサスもハナビこれだけ動かしておいて、全く当たり無しなの?
と思いましたが、あまり稼働がつかず寂しい感じで終わっていました。

メイン島では並びの
まどマギ
他所ではあまり動かない
モンハン狂竜からポツポツの出玉があったという感じです。

ココで勝ったからこそ言えるコーシン攻略法をば。
まず連れ打ち全体で見ると全体出玉は今回少し寂しい感じもしましたが、
お客さんの引きが早い気もしたのも事実。
まずは期待感の観察という事で、
こちらの便利なシステム(
P's Cube(ピーズキューブ))で
金曜日の出玉チェックからおススメします。
ただデータだけでは分からない部分も多くあるので、
お時間ある時は実際ホールに出向き観察するのをおススメします。

決して平日、稼働の多いお店ではないですが、
光る台はあると思うので観察してみてはいかがでしょうか?


次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.