2016年12月23日(祝) 第578回突撃
オアシス飯田橋

過去の結果報告はこちら



東京砂漠にあるスロッター憩いの場。
都会のオアシスこと、オアシス飯田橋にコン吉が突撃。



勝負は朝イチの抽選から始まっている!
今は談笑している仲間も、ホールという戦場に足を踏み入れたからにはライバルだからね。


個人的には下記3点予想。

本命⇒クレア2
対抗⇒モンハン月下
単穴⇒エウレカ2


抽選結果は18番と本命のクレア2を確保できるか微妙なライン。

ひとまず本命のクレア2を目指して入場すると、既にハナビと合わせて人がワチャワチャしている状況だったので、潔く諦めてルート変更。

最終チョイスは単穴予想のエウレカ2。
結局、終日打ち切る形になったので、予想屋フォックスの面目躍如かなと。


対抗よりも単穴を優先したのは、推測精度に自信があるかないかの差だけですね。
あと、モンハン月下は個人的に苦手なのです。



そんな訳で、久々も良いところとなる"期待感のある中で"エウレカ2の実戦スタート。
隣りにはぺろゆきさんと連れ打ち体制もバッチリな布陣。


出玉を出すイメージはある。
AT入れて、七色雲海以上までモード上げて、エアリアルラッシュのボーナスリンクをミスらなければ永久機関なのだ。

誰かが言っていました。
イメージするのは常に最強の自分だと。


77G天井でレバーオンフリーズする瞬間も思い描いていたのです。
けど、勝てなかったよ赤いマントのお兄さん…。



推測要素的には偶数の上挙動だったんですけどね。

モンスーノバトル1当て、2当てからAT当選。
AT引き戻し率は脅威の3/7、引き戻しループはゼロ。
高確か微妙なラインだけど弱スイカ当選。
通常時のAT直撃当選。
マップ1でデューイモード当選。


そして何よりも、エウレカ2が全台良挙動だったのです。

もっというと、負けたのは自分だけという哀しみを背負いました。
世が世紀末なら、無想転生の習得に成功していた事でしょう。



敗因は間違いなく自分の腕。


朝イチから連れ打ちしていたぺろゆき氏はフリーズを2回引くという、鬼神の如き豪腕で無事勝利。

途中から参戦したグレイス氏も上手にボーナスリンクさせていき、他機種で作った負債の大半を回収。


一度もドル箱を使わないという、スタッフさんの仕事量を軽減する慈愛の精神を炸裂させてしまいましたが、困ったことに負けた悔しさが殆どないんですよね。

どう考えても高設定だろうという挙動、そしてホール全体の出玉感&期待感。
こんな状況で好きな機種を打っていると楽しすぎてヤバい。



特筆すべきはホール全体の期待感ですかね。
いくら高設定挙動だろうと、ダメそうな雰囲気が漂っていれば捨てていたと思います。


ところがどっこい、オアシス飯田橋はダメそうな雰囲気なんざ一切なし。
自分の目で見た感じをざっくり書きますと。


本命に据えていたクレア2はそこかしこで高設定確定演出が発生し、全台が3箱以上を持ち帰るという、こぜ6を通り越してこぜ全6挙動。

対抗のモンハン月下が動いたのは午後からだけど、深いハマリはあまりなく、粘っている常連さんも確認。
フラッと登場したTOY氏がこぜ6発言してコングラ出したのが腹ただしい。

サラ番も入れ替わりこそ結構な頻度だったけど、だいたい出玉持ってる状況。
角台を打ち切って万枚オーバーした常連さん、おめでとうございます。

まどマギは右側3台が動き続け、右角2を打っていたらくよう氏から周り含めて良挙動の報告あり。


他にもバジ絆からベル6撃破があったりと、石を投げれば高設定に当たりそうな雰囲気がありました。


店内はお世辞にも広いとは言えませんが、だからこそ、立って周りを見るだけで出玉感を実感できるのは利点とも言えますからね。

ちなみに、自分は結果報告用の写真を撮る時、必ずお客さんに声を掛けるようにしているんですが、笑顔で協力してくれる人が凄く多かったのが印象的でした。

それだけ多くの人が純粋にパチスロ楽しんでるんだなって思えたし、何か自分も嬉しくなっちゃいましたからね。



当然、親睦会も大盛り上がり。
いつもよりちょっと遅い20時スタートにしたからなのか、乾いた喉に染み込む酒の美味さは格別。

勝った負けたもあるけど、同じ時間を共有した仲間との立ち回りや仕掛けの議論は最高に楽しいのだ。


現実収支はマイナスだけど、心の収支は大幅プラス。
あぁ^~次回も楽しみすぎるんじゃ^~!



次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.