2016年10月1日(土) 第550回突撃
グランドシップ

過去の結果報告はこちら



波の香りに誘われて…(再)
潮の香り漂う豊洲はグランドシップへピクルが突撃して参りました。



グラシでの担当はこれで3度目。
過去2回とも勝利(2回目は微妙だったが)で終えているし、相性もバッチリでござる!


とはいえ油断は禁物。
共に突撃するユーザーさんたちと作戦会議をした結果、取り敢えず朝一は噂の3×3EYESを狙うことに。

グラモバでデータをチェックした結果、ここ数日の3×3EYESは設定Cのまま運用されていることが濃厚。
ビタ押しの技術介入が大変な台ですが、設定Cなら僕程度の目押しでもプラスに持っていける可能性が高いゲロ甘台(たぶん)なんですよ、奥さん!



そんなこんなで26番という番号で入場した所、すでに3×3EYESは確保されているご様子。
なかなか早い番号だっただけに残念ですが、仕方ないので3×3EYESを様子を伺えたらと考え、直ぐ側のエヴァ魂に着席。


第2候補として取り敢えずという形で選んだのですが、そのエヴァからひしひしと感じられるオーラがありました。

『他の台気にしてる場合じゃねーぞ』

と、まるで台が語りかけてきているかのような…。

実際、小役の落ちはかなり優秀で、4kで250回転以上のグルグルっぷり。


「下はないかもな~」とか悠長なことを考えていると、その後すぐに飛んできたREG中にカヲル君出現!!




…あ、これ@6だ。



この時点でまだ10時半。
ということは…。
「…勝ったな」「ああ…」


開店30分で設定を看破し、小役をカウントする面倒さも吹っ飛んだ。
当たり前だけど、時間の許す限りのぶん回しすしかないぜ!!


実は前回のグラシ担当時には、このエヴァで6000枚以上の出玉をこの目で見ています。
引き強のお客さんが、高設定を打つとすっごいことになるんだな…と羨ましく見ていた覚えがありますが、僕にも順番が回ってきたということでしょう。

「自分の台もああなるに違いない…。」

勝ちを確信し、夕方の時点で別積み5箱以上という光景を幻視していました。



そして、19時へ差し掛かろうとする頃。

そこにはどうにか1箱半を確保し、安堵の表情を浮かべた引き弱野郎がいました…。

約5000G消化で、BIG確率は全く6の数値に届かず。
期待度約33%のはずの強スイカは20%近くまで信頼度がガタ落ち。
約50%の期待度を誇る強チェリーは5000Gで1回しか来ない上に外れる始末。


500G、600G、700Gなどのハマリを繰り返し、持ち玉が増える気配のないこの台の履歴を見て@6だと思う人はいるんでしょうか(´・ω・`)

小役の落ちだけはかろうじて高設定っぽさを維持できてたので、ハマっても追加投資とならずに済みましたが、こんなに苦労するとは思わなかったぜ(汗)


とはいえなんだかんだでプラスで終了なので良し!!
ノーマルで6000枚とかそうそう出ないし、仕方ないよね(震え声)



さてここからは当日のお店の状況をご報告。

今回は10月1日と月初だったためか、いつもより稼働が良く、空き台も少なめに見えました。

そんな高稼働の中で感じたのは、おそらくですが末尾◯番台への仕掛け。

僕のエヴァも含まれますが、とある末尾の台が半分位の確率で良挙動という感じ。
もちろん僕の打ってたエヴァからは確定演出が出ているし、バラエティのカイジやジャグラーからもきっちり出玉を確認。


そして、そういう仕掛けとは別に感じたのは、今回はどの島が当たりということでなく、全方位にチャンスがあったのではないかということ。

というのも、この日は看板と目される沖ドキの挙動が若干弱め。
それに比してと言うべきか、1台づつのバラエティにはいつもより多く当たりっぽい部分が見えましたし、全く出玉のない島というのが殆ど無い状態。

もちろん、複数の別積みが見えたDOA5など、もしかすると全台形かもしれないような部分もありましたが、全体を見回しての雰囲気は各島1、2台というような感じですね。


こういった仕掛けは、常連さん側からすると肩透かしというか、違和感のあるものなのかもしれません。
ですが、いつも同じところが強いと、それ以外の台が日の目を見る機会が極端に少なくなってしまいます。

看板だけでなく、設置された全ての台を活かすことにもなりますし、今回のような雰囲気が定着していくと個人的には非常に喜ばしい限りです。


次回はどう仕掛けてくるか…参加されるつもりの方は楽しみにお待ちくだされ!!


次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.