2016年6月19日(日) 第518回突撃
パーラーミツボシ祖師谷店

過去の結果報告はこちら



円谷プロダクションの旧本社があったことから、ウルトラマン発祥の地として有名な祖師ヶ谷大蔵駅。
商店街も「ウルトラマン商店街」と名付けるほどの聖地っぷりでございます。

と、Wikipediaさんから得た知識でドヤ顔している狐が、パーラーミツボシ祖師谷店の連れ打ちレポしまっせー。




集まったユーザーさんに今までの傾向を詳しくと、前回はバジリスク絆とバラエティが結構強かったみたい。
なるほど、有益な情報ありがとうございます!

そしてごめんなさい。
すべての情報が右から左に流れてました。


ギ ア ス R2 一 択 !


もう前日の夜から頭の中はギアスR2でいっぱいなんです。
原作大好きなんです、ちょっとでも期待感あれば全ツッパしたい身体なんです。

半分趣味打ちみたいなものだから心折れるまでは打ち続けて、ダメならその時に考えればいいじゃんというプロ養分思考なんです。


抽選番号は29番と若干不安が残るものの、無事確保に成功。
番号が近いユーザーさんと並んで打とうぜ!って話していたので、仲良く着席していざ実戦。

朝イチの全体的な動きとしては、情報通りバジリスク絆とバラエティから埋まっていく人気っぷり。



さてさて。
我が愛しのギアスR2ですが、ボーナスにほとんど設定差がありません。

つまり、バイオリズムが良ければボーナスだけで戦える機種ということ!


実際自分も設定差のあるスイカ同時当選は1回しか引けなかったけど、全設定共通の部分はめちゃ引けていたのでボーナス合算は余裕で設定6以上。

ハイパーBIGに関しては数値の2倍近く引けていたので、当日のバイオリズムは相当良かったと思われます。



ちな、バイオリズムだけじゃなくて設定もグンバツに良かったはず。
だって、今まで打ってきたギアスR2は全部低設定だったんだなって確信できるくらい挙動が良かったからね。


特に顕著なのはリベリオンアタック。
ここまで違うの?ってくらい成功するし、引き戻しも強かったんすよ。

正直、リベリオンアタック中はボーナス引くこと前提のCZだと思っていましたが、今回で認識を改めました。


高設定っぽいのだと普通に成功するし、ART終了⇒引き戻しのリベリオンアタック成功が2ループという離れ業も発生!
こんな状況になったら控えめに言っても全ツッパの覚悟決めるでしょ。


あとは出玉出して、自分は間違っていなかったと結果で証明すればいいだけの話しですからね。
幸い、隣は仲良しのびっく氏だったので、キツい展開でもグチ聞いてくれるし(´゚д゚`)ネー



という訳で、目指すはゼロレクイエム!

継続バトルはとにかくギアスリプレイ引いて25%ぶっ刺す!
ここでダメでも追撃祈ってレバーオンからのギアスリプレイ引いて50%ぶっ刺す!

そんな感じで感情剥き出しにしてレバー叩いていたら、親睦会にてユーザーさんから気合い入れすぎって突っ込まれました。

ビスマルク硬すぎるからしゃーないねん。
倒すには気持ちで叩くしかないんや。



ところで、なぜに自分以外の台は簡単にゼロレクイエム突入するんでしょうか?

エピソードから蜃気楼射止めて、10セット突破分までのSPピース獲得する人がいたり。
ART準備中に毎回10個くらいピース獲得する人がいたり。
お座り即ARTからそのまま30連オーバーさせる人がいたり。


自分はスザク戦までが限界でした(´・ω・`)
残りピースが4個じゃ流石に無理だぜ…。


ま、びっく氏との並び打ちでワイワイやれたし、何だかんだ3600枚くらい流せたから全然OKなんですけどね~♪



【全体総括】
人の入れ替わりが激しかったからか、出玉感が見えにくかったかなってのが正直なところ。

とは言え、ノーマルバラエティで小役カチカチしながら粘り倒していたお客さんもいたし、黒すけ氏もクラコレをタコ粘りしていたのが印象的だったかなと。
なお、黒すけ氏は辛勝だった模様。


ギアスR2なんて、自分以外全員お客さん変わってるからね。
しかも軒並みゼロレクイエム入ってるし…。


バジ絆に関しては、全体で考えると相当数のドル箱お持ち帰りしてるはずなんだよね。

518番台とか入れ替わってるけど、余裕でお万枚突破してるっしょ。
確認してる限り、最低でも前任者が7箱で後任者が6箱はお持ち帰りっすよ。

1箱1,000枚程度だとしても13,000枚ですからね。
たぶん、518番台が当日のトップ出玉かな。


20スロの総台数が102台という規模を考えると、個人的にはだいぶ頑張っていたんじゃないかと思うわけです。

もっと粘る人が増えても良いと思うけど、ポロッと良さ気な台が空くから、現状は結構美味しんじゃないかな?



コインサンドや空調とか、設備的に足りていない部分があるのは確かだけど、過剰すぎない絶妙な応対とか、ドル箱取りに行こうとしたら気付いて渡してくれる気遣いとか。

そういった何気ない部分で補えてる感じはしますね。
少なくとも自分は居心地良かったので、また突撃したいし(`・ω・´)カッタカラネ!!



〆の親睦会は海面先生チョイスの沖縄料理屋さんでかむぱ~い♪
参加者の勝率75%と上々な祝杯になりました(・∀・)


ここまで連れ打ちレポートを書いてきましたが、僕が何を伝えたかったというと、【島らっきょうの白い部分は全部食べましょう】ってこと。

先端の育った部分だけ食べるとかあり得ないっしょ、マジで。
自分はHOTDの天井100G手前でボーナスを引くような人間にはなりたくないので、全部美味しく食べるけどね( ・´ー・`)

次回突撃情報はこちら

ハズセへ
Copyright(C) 2000- HAZUSE All Rights Reserved.